スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新型インフルエンザ輸入予定ワクチンに重い副作用が

2009年11月23日 23:23

輸入予定の新型ワクチン、加で副作用か
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091123-00000675-yom-sci

********************************************************************
英製薬会社「グラクソ・スミスクライン(GSK)」がカナダで製造した新型インフルエンザワクチンを接種した人に、副作用とみられる重いアレルギー反応が高率で起きていたことが23日、同国の衛生当局の調査で分かった。

 日本政府は、同じ工場で製造した同社製のワクチン3700万人分を年末にも輸入する予定で、その是非を検討するため、厚生労働省は同日、現地調査団を12月上旬に派遣する方針を決めた。
***************************************************************************

これから寒い季節、新型インフルエンザの流行が気になるところです。
新型インフルエンザのワクチンも国産だけでは間に合わず、輸入することになりましたが、その輸入する予定の新型インフルエンザワクチンの副作用で重いアレルギー反応が出るそうです。

新型インフルエンザにかかるのも恐いですが、外国産の新型インフルエンザワクチンを打つのも恐いですね。

確か、輸入予定のワクチンは、高齢者の方に打つ予定だとか…。

日本の調査団が12月上旬に現地に調査に行く予定らしいですがしっかりと調べてきて欲しいものです。

新型インフルエンザワクチンを打って、体調が悪くなったら何のためのワクチンなのかわかりませんからね。

日本政府は、しっかりと対応できるのでしょうか。
それが心配です。


ケアマネらくらく合格勉強法

川村明宏のジニアススタディ

パニック障害を自己催眠で克服する方法


スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。