スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飲酒運転撲滅!

2010年06月26日 23:51

<酒気帯び運転>追突で発覚、39歳医師を逮捕 兵庫

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100626-00000088-mai-soci
兵庫県警西宮署は26日、兵庫県西宮市上鳴尾町、県立尼崎病院泌尿器科医師、玉田博容疑者(39)を道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで現行犯逮捕した。 「前日から自宅で飲んでいた。所用で出掛けるところだった」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は、26日午後5時45分ごろ、西宮市染殿町の国道43号で、酒気帯び状態で乗用車を運転した、としている。玉田容疑者が、前を走っていた赤信号のため減速中の乗用車に追突し、飲酒運転が発覚。



酒気帯び運転が発覚するのが大体事故
つまり、飲酒運転事故の確率が高くなるということですね。
中には、飲酒運転をしても無事家に戻れたりするケースもあると思いますが、
それはたまたま運が良かっただけのことです。

まだまだ、飲酒運転の危険性を認識していない人たちが多いですね。
いい加減その危険性に気づけないのかと思いますが、
お酒を飲む人は、飲んでしまったら何も気にせずに運転をするのでしょうね。

アルコールが検知されたら動かないようにするという装置を車につけるということを義務化にしたらいいんですよね。

もう、そういう装置が出来ているんだからつけるべきでしょう。



スポーツ・コミュ
アロマ癒し空間
照明のあるくらし
スポンサーサイト

何にも言うことなし~飲酒運転当て逃げ警察官

2010年06月19日 00:14

飲酒運転当て逃げ警察官を懲戒免職 茨城県警

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/405325/
警察官が酒を飲んで車を運転、接触事故を起こしながらそのまま逃げたとして、茨城県警警務部は18日、高萩署地域課の男性巡査長(55)を同日付で懲戒免 職処分とし、水戸地検に道交法違反容疑(酒気帯び運転、安全運転義務違反、事故不申告)で書類送検したと発表した。


警察官飲酒運転をして当て逃げ
もう、全然驚きませんね。
警察官も一般市民と同じ。
自分が警察官であることさえわかっていないのだろう。

自覚がまったくなし。
まあ、こういう警察官ならさっさと辞めてくれた方がいいですけどね。
税金の無駄だし。

それにしても、警察官の飲酒運転があるたびに、教育の再徹底などと上司のコメントが出てきますが、本当に教育し直しているんですかね?

ひとこと「気をつけるように!」程度で終わっているんじゃないですかね。


汗対策 ウェア
みかんで育毛
男のためのスキンケア


飲酒運転をするやつは、バカだ!

2009年01月11日 22:42

またしても飲酒運転によるひき逃げ。

ひき逃げした犯人は必ず「飲酒運転がばれると思って逃げた」と身勝手な理由を話す。

ちょっと待て、飲酒運転がばれるのと人をひき逃げしたということどっちが重大なことなの?

42歳にもなってそんなことがわからないのだろうか。

だいたい、飲んだら車の運転をしたらいかんやろ!

免許剥奪、車没収。これくらいの罰を与えてもいいのではないだろうか。
これだけ飲酒運転をしてはいけないというように世の中の流れが動いているのに、
相変わらず飲酒運転をする犯罪者がいる。
飲酒運転=殺人、殺人未遂くらいの重い罰を与えてもおかしくない時代になっている。

いつまでもタラタラ飲酒検問だけをやっている場合ではないと思います。




「飲酒がばれると思って逃げた」ひき逃げの会社員逮捕 京都
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/accident/211530/
☆京都府警北署は11日、道交法違反(酒気帯び運転、ひき逃げ)と自動車運転過失傷害の疑いで、京都市北区の会社員、板坂浩司容疑者(42)を逮捕した。




加齢臭とは~加齢臭対策には柿渋石けん

よか石けんをつかってみんしゃい

ダイエットのまとめ




酒気帯び男、対向車と衝突。男児死亡

2008年12月12日 19:13

酒気帯び男の車と衝突、男児死亡 千葉
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/accident/204039/

☆---12日午前9時55分ごろ、千葉県富里市大和のセンターラインのない市道で、近くに住む平津真弓さん(23)運転の乗用車が対向車と衝突。平津さんの長男、海翔君(2)が頭を強く打ち、病院に運ばれたが間もなく死亡、平津さんも軽傷を負った。

 対向車を運転した男が酒に酔っており、県警成田署は自動車運転過失傷害と道交法違反(酒気帯び運転)の現行犯で、同県成田市本城、無職、芹山順一容疑者(55)を逮捕した。「よそ見をしていた」と供述しており、同署は自動車運転過失致死容疑に切り替えて調べる。---☆


こんなバカな奴の為に自分の子供を失ったらどれだけ悲しいだろう。

飲酒運転の怖さをまだわからないバカな奴らが多すぎる。

飲酒運転をして自分で勝手に事故るなら好きなようにやってくれてもいいのだが、

大体の場合、飲酒運転に巻き込まれてしまった方が悲しい思いをするケースが多い。

これから、忘年会シーズン。

今年は、どれだけのバカが捕まるのだろうか。

飲酒運転が毎年減って来てはいるみたいだが、完全になくならない限り、

安心して車を運転することも道路を歩くこともできない。

こんな自分勝手な飲酒運転ドライバーは、免許を取り上げ一生車に乗れないようにしてもいいのではないかと考えてしまう。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。